先週のALLDAY |  

先週のALLDAY


ALLDAYではたくさんの方から、ブログ読んだよ、と声かけてくれて嬉しかったです。ありがとうございます。



今回は先週のALLDAYで気になったプレイとよかったプレイを書きます。

まず、審判にアピールするためにプレイを止めてしまうプレイが何回かありました。ファーストブレイクでドリブルしていた選手にディフェンスの接触があったときに、オフェンスはあまり体勢を崩しておらず、そのままいけばディフェンスを抜き去って簡単な得点のチャンスがあったのにも関わらず、おおげさに審判にファウルをアピールして止まってしまいました。結果ノーコールで速攻のチャンスを潰してしまうことになってしまい、もったいないなあと思いました。

前回書いたように、ALLDAYではオフェンスにほとんど影響がない程度のコンタクトでファーストブレイクなどノーコールで継続した方がオフェンスに利がある場合は極力笛を吹かないようにしています。

また、ドライブしてシュートにいく際も、最初からファウルをもらうつもりで突っ込んでいって、いて!と叫んでボールをほっぽり投げてしまうのをたまに見ます。声を上げるのは自由ですが、意識はシュートを決めにいってほしいです。国際試合では通用しないですし、学生のときにコーチが直させた方が良いと思います。

前回の大会中特にレフリーと話しあって笛のひとつの基準にしていたことは、オフェンスが“Out Of Control”になっていないかどうかです。自分から制御不能になって体勢を崩したようなプレイにはなるべく笛を吹かないようにしました。オフェンスは空中で困ってジャンプパスをしてターンオーバーをおかさないためにもコントロールできる状況にすることが大事ですね。

良かったプレイは、試合の途中でアピールしても笛が鳴らないということに気づいた選手が、ファウルされても強くシュートを決めて、その直後に今度は相手チームの選手が同じようにドライブからファウルされても決めたプレイです。どちらもノーコールでしたが決めてくれました。これは嬉しかったです!

どちらもファウルがコールされてバスケットカウントになってもおかしくありませんでした。ただ、レフリーも全てのファウルを吹くわけではありません。コールはあくまでも結果と思ってよいボディバランスを保って強くプレイしていれば自然とフリースローラインに立つ回数が増えて得点アベレージがUPすると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。